最近の記事


保険業界最新記事
商社・広告業界最新記事


2007年12月22日

銀行での保険販売 きょう全面解禁

銀行による保険販売が22日、全面解禁された。大手銀行は死亡保障、がん、医療、介護保険などに販売商品を広げ、手数料を新たな収益源にすることを目指しており、地方銀行も追随する見通し。保険業界では、第一生命保険が相互会社から株式会社に転換を表明。政府も金融自由化を加速しており、銀行と保険会社の間で再編が起こる可能性もある。

新たに解禁されるのは、生保が主力商品としている毎月保険料を支払う平準払い型の死亡保険をはじめ、がん保険や介護保険といった第3分野商品など。金融庁は「銀行での保険販売が広がれば消費者の利便性が高まる」(幹部)とみている。

三菱東京UFJ銀行は全面解禁後、支店など173の営業拠点で平準払いの死亡保険やがん、医療保険を販売。みずほ銀行は405拠点で医療保険を販売。三井住友銀行も86拠点で死亡保険、がん、医療、介護保険を幅広く売る。りそな銀行は328拠点でがん保険や医療保険の契約獲得を目指す。
このうち、大阪市中央区の三井住友銀行難波支店では午前10時から新たな保険商品の販売が始まった。同行で、近畿2府4県で窓販を開始したのは26支店。連休明けには4支店が加わり、平成20年度末には2府4県の全155支店で販売する。

三井住友銀行コンサティング事業部の山中裕二事業推進グループ長(40)は「高度な商品知識が必要なのでしばらくは専門コンサルタントが販売する」と話していた。
同支店で保険商品の説明を聞きに来た和歌山県橋本市の男性(48)は「銀行だといろいろな保険会社の商品説明を聞くことができるのがメリット」と話していた。

このニュースの元記事



私的コメント:
とうとう保険窓販が全面解禁になりましたね。メガバンクは解禁当日から全面的に売り出し、出だしから先行していくつもりでしょう。投資信託の手数料収入に加えて保険の販売手数料も今後銀行の収益の柱となる可能性があります。生保にとっても今後の販売チャネルの大きな1つになるでしょう。

もともと販売チャネルをもたなかった外資企業はこれが商機と見ておりますし、内資企業も収益の横ばいをなんとしても変えていきたいでしょうね。
解禁になりすぐにはトラブルなどはあるとは思いますが、それをどの銀行が早急に解決しシステム化できるかが重要ですね。今後の経過や、生保の経験者を雇用しない地銀などで解禁された時のことなども注目しましょう。
新たな保険・銀行時代の幕開けですね。


モチベーション向上のためぴかぴか(新しい) クリックぴかぴか(新しい)よろしくお願いしますm(__)m
 



関連記事一覧

posted by John Doe at 15:46 | edit | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行業界

<<リーマン・ブラザーズ、投資運用業を登録=日本で資産運用ビジネス本格化| Main | 保険の銀行窓販、全面解禁 まずは「慣らし運転」>>
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。